読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パンキーでファンキーな思い出の果て

思いついたら更新するだけのただの日記代わりの何か。

ライフカードから来ていた謎の請求はauから直接のものではなかった。

きっかけはささいなことからです、何事も。

ある日のことであった。

もうメインではないゆうちょ銀行、たまにヤフオクとかでしか使うことのない口座。

今現在どの程度残っているか気になり通帳を記帳しに向かった。

そしたらこんな結果が。

f:id:POPSENSE:20170205194140j:plain

 

!?

あのその、マイナスになってるんですけど・・・ ( ;´'-'`)

ゆうちょの残高がマイナスになるアレは省きますので詳しくは下からどうぞ。

貯金担保自動貸付け−ゆうちょ銀行

 

まず何故ライフカードなんだと。「ライフカード 通帳」とかで調べたらありましたよ。

csqa.kddi.com

たまたま目に止まったらなるほどauからの可能性があると。ふむ。

そして「au ライフカード」で更に検索。あったあった。

csqa.kddi.com

そういえば端末買った時になんかそういえば別のとこから請求ってあったような...契約書どこだっけもう手元にない希ガス(´・ω・`)

auに高い金を払っていた払っていた時期もありました

私は以前auのユーザーだったのですが、2016/05にmnpしてmineo(マイネオ)に移っていたのです。mineoは利用者もかなり増えてきて通信品質も好調のMVNOですね。

知ってる人も多いと思うので詳しくは下のURLを見てくださいということなのですが、ざっくり言うと「端末そのままで月額が安くなる」サービスですな。

mineo.jp

 以下はauからmineoへMNPした時の流れ。

  • 私→auMNPの旨を伝えるために電話
  • auのオペレーター「(中略)これまで受けていたサービス、ポイントが全て利用不可になりますが~(中略)」
  • 私「大丈夫です。」
  • オペレーター「(中略)かしこまりました。どちらの会社に移られますか?」
  • 私「mineoですね。」(以下、滞りなくMNP予約番号をゲット)
  • mineoのサイトに行き、MNP予約番号を入力、デュアルタイプ(音声通話)のsimを申し込む。届く。simカードを差し替える。使える。イヤッッホォォォオオォオウ

 

はい。そうです。端末購入時につけていた安心ケータイサポートプラスみたいなものは自動で解除されるはずだったのです。

www.au.com

f:id:POPSENSE:20170207163136p:plain

金額的にも500円(税抜き)なので合っています。 

f:id:POPSENSE:20170207163712p:plain

 書いてあるし!

しょうがないからサポセンに電話

何故ケータイ料金と別に請求してくるんだこの野郎と思い、それに自動で解約されるんじゃねぇのかとauのサポセンに電話。

  • 私はもうauの人間じゃねぇんだけど
  • なんかライフカードから請求来てんだけど

とまぁ手身近に説明。携帯番号と暗証番号でデータは残っていたので調べます、数分お待ち下さいと。すると。

オペレーター「お客様の電話番号からはそのような請求情報が結び付けられませんでした。

私「・・・は?

 当然粘りましたよ。ざけんなゴルァおたくのとこからってのは間違いねーんだよオイと。

しかし暖簾に腕押し状態だったので切りました。弱った。するとその辺の事情に詳しい友人が「販売店特有の何かをやっているかもしんないから、買ったとこに電話してみたら?」と。なるほど天才かよ。

 そんな訳で地元のauショップに電話。ええ、こんなめんどくさいことやらせておいて買ったのは公式店なのです。

 そして先ほどと同じような会話からスタート。すると・・・

 

ショップのねーちゃん「お客様もしかしてEXPO(エクスポ)に加入しませんでしたか?」

 私「(   ^ω^)・・・なにそれ」

ねーちゃん「こちらのサービスはauから直接的なものではないので、お客様自身で解約していただく必要があり~」

EXPOってなによ

expo-contents.jp

なるほど。つまりauとは直接関係ないと。そして調べたら神のような記事が。

plaza.rakuten.co.jp

ありがてぇありがてぇ。流れをまとめると

au(サービス)→販売店(売るためにオプションをつける)→EXPO(端末を保障するオプションを提供するサービス)→ライフカード(請求代理店)→請求、と。

わかるかボケ

こういうめんどくさいことやるからキャリアは叩かれたりするんですなぁと。知人いわく、docomoだったら番号一つでそのへんは絶対繋ぎとめられるし、なんかヤバくなったらポイントにどーんと返金するとかうんぬんかんぬん。流石元国営。

 

そんなわけで長くなりましたが冒頭の540円は、EXPOのモバイル安心サポート(500円(税抜き))だったと。

そしてショップのねーちゃんが教えてくれた番号と、先のブログに乗っていた番号が同じ事を確認。電話。

私「解約したい」

オペレーター「かしこまりました。」

早かった。何も滞りなく。

この電話のわずか数分後に解約完了のメールが。はええよ。

 

f:id:POPSENSE:20170207182047p:plain

解決したけどすごい無駄金を払っていた

 まぁ結局のところauにいた2年間一度もサポートの恩恵を受けることもなく頑丈さだけが取り柄のGalaxy S5ちゃんに感謝して。

auと縁切ったのが5月。請求は2か月遅れで来るから、7月末に最後の請求が来たとして。8,9,10,11,12,1,2,3,4とこの9か月分。540円×9=4860円・・・(´・ω・`)

 

まぁサブバンクだったからあまり痛手ではなかったとはいえ決して少なくはない金額ですね。これを機にもっと月額料金的なものにも敏感になっておこう・・・

 

以上、長々と失礼しましたが、ただの体験談でした。誰かの参考になれば。